サラリーマンでもできる副業

最近は、給料だけでは家計がやりくりできないなどの悩みを抱えているサラリーマンも多いようです。そのため、多くのサラリーマンが副業に興味を示しています。今夏は、無理なく、お小遣い稼ぎ程度にできる、サラリーマンの副業にまつわる、アレコレについて紹介します。 サラリーマンが副業をするにあたって気をつけるべきことは、会社にバレないようにすることです。バレてしまうと、肝心な本業の収入を失ってしまうこともあるのです。ただし、最近は日本政府の働きかけもあり、副業を認める企業も増え始めています。最初に、自分の会社の就業規則を確認して副業ができるかどうかを確認しましょう。当然ですが就業規定にて「副業禁止」と記載されている場合は、副業ができません。金銭的に深刻である場合は、会社の上司に相談してみましょう。 副業が禁止でない場合は、堂々と副業ができるのですが、副業をする時には周囲の同僚や上司の顔色を窺いましょう。副業をしていると、周囲の人はあまりいい気持ちはしないのです。理想的には隠れて復業するのがおすすめです。しかし、副業は会社にバレることが多いです。それは、副業していると確定申告をするからです。確定申告をすることで住民税が増加しますので、それを会社の経理担当者などが見るとすぐに副業していることがバレてしまいます。 さて、サラリーマンができる副業にはどのような種類があるのでしょうか。例をあげるおパジティブ「アルバイト」と「投資」、「ビジネス」があります。その中でも「アルバイト」は最も身近な副業です。アルバイトは会社の仕事が終わった後の夜間や、土日などに行えます。具体的なアルバイトの仕事としては、飲食店や倉庫などがあります。アルバイトという働き方のメリットは、持久性であることです。腹らいた時間の分を着実にお金にできます。そのため、収入の予測が立てやすいです。しかし、時給制であることは物理的に長時間働かなければ、お金にならないというデメリットにもなります。 次に、サラリーマン向けの副業は「投資」です。投資には不動産投資や株行き投資、先物投資、FXなどいろいろな種類があります。投資の場合は、レバレッジをかけることができるため、大きな利益を得やすいところが魅力です。例えば、5倍のレバレッジの時には、100万円の投資で、500万円分の投資ができるのです。特に、FXの場合は最大25倍のレバレッジをかけられます。しかし、投資の場合は損してしまうリスクもありますので覚えておきましょう。しかし、分散投資などをすることで、リスク軽減も可能です。 最後に紹介するのが「ビジネス」です。ビジネスの内訳としては、プログラミングをする作業やデザインをする作業、キャッチコピーを作る作業などさまざまです。最近は、クラウドソーシングサイトがあり、そこにはたくさんの仕事依頼が集結しているので仕事がとりやすいです。ビジネスの職種であると、スキルを生かしてアルバイト以上に大きな収入が得られるのがメリットです。デメリットを敷いてあげると、スキルが必要であることです。

未分類

Posted by admin