他人の動画構成も注目してみよう

自分が登校してる動画、ライバルチャンネル登校してる動画の構成について注目します。特定ジャンルで10本の動画しかみたことない人より100本の動画見たことある方や100本の動画見た方より千本の動画見た方のほうが確実に動画構成を分析する力がう強いのです。それほど多くみなくてはならないとき大変かと思われますが、動画構成を的確に把握する力は日々の空き時間で十分のばせるのです。そして、サラリーマンの副業ビジネスでユーチューブアドセンスに取り組むかたや電車待ち時間、通勤電車は乗ってる時間や昼休み休憩中など隙間時間に活用してみてください。数分の空き時間があればスマホ利用してライバルチャンネルの動画構成を勉強できます。そして動画更生を見るときすべての動画をはじめから最後まで見るのが理想ですが、毎回そこまでする必要はないです。もしもライバルチャンネルの動画見たら該当動画見て途中飽きたのであれば、それはどうして途中あきたのか参考になります。あなたがあきたポイントを覚えて、それを改善した形で動画を作ると、より多くの方に長く見てもらえる動画をつくれるのです。そして、自分の動画、ライバルチャンネルの動画構成を見比べてみるとき同時にサムネイルを見て、参考になるところは積極的に自分のチャンネルに取り入れましょう。サムイネルも明確な数字で把握できるところではなくて、その方の経験値によりライバルチャンネルとの差を的確把握できるか決まります。逆を言えば明確な数字で把握できないところから差がつくのです。ライバルチャンネル動画構成を見るときサムネイルについてしっかり見ていい部分や参考の部分を積極的に取り入れます。そしてYouTubeチャンネル再生回数伸びなやむかたのおおくはライバルチャンネルと比較してそもそも動画投稿本数自体足りない傾向にあります。YouTubeアルゴリズム上動画本数少ないチャンネルよりかは動画投稿本数が多いところのほうがチャンネルとして評価受けやすいです。動画投稿本数のみがチャンネル評価決める要素ではないですが、投稿本数も1つの評価要因で機能します。そして自分のチャンネルのユーチューブアナリティクスデータみたり、いろんな動画構成、サムネイル構成を比較して改善したりするにはある程度動画投稿本数が絶対に必要なのです。また、チャンネル開設をして動画投稿始めた初期段階で動画クオリティーより動画投稿本数を重視してください。まず一定水準以上の合格ラインの品質の動画を作り、それら次々投稿しましょう

未分類

Posted by admin